今回の加工の紹介はロウ引き加工です。

その名の通り、紙に蝋(ロウ)をしみ込ます加工になります。
蝋をしみ込ますことで、紙の強度が上がり、耐水・耐油効果があることから、食品包装用の袋などにも使われていました。
封筒にも蝋引き加工をすることで、様々な効果があらわれます。




➀レトロ風の見た目になる
・ロウが浸透することで、見た目がとてもレトロでヴィンテージ風のものになります。
蝋引き加工はクラフト紙に施されることが多いのですが、これはクラフト紙がレトロ感が出やすく蝋引き加工と相性がいいというのが理由の一つです。
画像の様に印刷が入ったクラフト紙に蝋引き加工を行うことでとてもヴィンテージ風のパッケージに仕上がります。

蝋引き


➁内容物が透けやすくなる
・蝋引き加工を行うと、紙が透けやすくなります。
紙の厚みに左右されますが、薄めの紙ですとかなりの透け感がでます、厚めの紙ですとそこまで透けなかったりもします。蝋の浸透具合にはムラがあるので、均一でない透け感も味のあるポイントになっております。
(透け感には紙・紙厚によって、仕上がり具合がことなってきますので事前にご確認頂くことをお勧めします)
蝋引き


➂シワや折れも味になる
・一般的な封筒ですと、シワや折れ目がつくと傷んでいるようにしか見えませんが、蝋引き加工した封筒はシワや線が逆にいい味をだしてくれます。(使いこんだ風に仕上げる為、あえてシワを付ける加工もあります)
蝋引きをすることで、蝋がしみ込み耐久性も高くなっているので、長期間使用していると味のある封筒になっていきます。
蝋引き


みどりんみどりん

※蝋引き封筒の注意点※
・封筒に成型後、蝋引き加工を行いますので、蝋の浸透具合にムラが出ることがございます。
・蝋がしみ込むことで、キズやシワが目立ちやすい場合がございます。
・仕上がり具合が均一にならず、一枚一枚異なります。