手のひらサイズの極小封筒”プチ袋”について、日刊紙業通信様に取り上げて頂きました。

(2017年12月14日号)


『緑屋紙工が「プチ袋」を量産化』日刊紙業通信H29.12.14

(以下、誌面より)

封筒製造の緑屋紙工(株)はこのほど、ポチ袋よりさらに小さいプチ袋(横35mm×縦55mm)を量産化した。

紙送りの不安定・糊のトラブルなどから機械での製造が難しかった封筒サイズを熟練の技術と特殊器具で可能にした。

問い合わせはTEL06-6709-8110。

同社は昭和32年に洋封筒の手貼りでスタート。
現在は事務用封筒・食品用・レコード保管用袋・ポチ袋や窓フィルムに印刷できる封筒「オンdeマド封筒」などさまざまな開発を行っている。


関連記事